読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

curl のオプション小まとめ

Web API の動作検証をするときに curl を使っているのですが、 そのときに使うオプションについて少しだけ書きます。
本当に少しだけです。

認証ユーザの指定

-u user_name:password

サーバの認証に使用するユーザ名とパスワードを指定できます。

デフォルトでは Basic 認証なのですが、--digest をつけることで Digest 認証にすることもできます。

リクエストメソッドの指定

-X method

リクエストメソッドを指定できます。

デフォルトは GET なので、 POSTDELETE 等を指定したい場合に使用できます。

リクエストパラメータの指定

-d data

リクエストパラメータを渡すことがきます。

このオプションを指定するとリクエストメソッドPOST として扱われるので、 それ以外を指定したい場合は -X で指定する必要があります。

data の指定方法

-d "name=don&age=20"

key=value のように指定します。 & で区切ることで複数のパラメータを渡すことができます。

-d "user[name]=don&user[age]=20"

のように指定することで、入れ子になったパラメータを渡すこともできます。